ルート配送中の道の覚え方について紹介 | コラム | 栃木県塩谷郡 宝積寺駅【有限会社奥島商事】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年02月25日 コラム

ルート配送中の道の覚え方について紹介

15
トラックドライバーを目指す方の中には、「道を覚えられるか不安」と感じていませんか?
なかには、見慣れない道では迷ってばかりいるという方もいらっしゃると思います。
そのような方に向けて、今回はルート配送における道の覚え方のコツをご紹介します。

▼ルート配送中の道の覚え方
ルート配送の道筋を覚えるためには、「どこで曲がるか」を意識して覚えると頭に入りやすいんです。
曲がる場所を覚えるためには、通りの名前を知り、目印を見つけておくと効果的に覚えることができます。

■通りや交差点の名前を覚える
道の名前を覚えておくと、その通りにあるほかの施設と関連付けることができ、地図が頭に入りやすくなります。
信号機や表札に表示されている交差点の名前もチェックしておきましょう。

■目印となるものを見つける
下記のようなものを、目印として探しましょう。

・ポスト
・病院や消防署などの施設
・目立つ看板
・踏切や橋

1つの情報だけを覚えるのではなく、2~3個の情報を関連付けて覚えることにより正確にルートを把握できるようになります。

▼配送をスムーズに行うために
地図であらかじめ最短の配送ルートをチェックしておくと、スムーズに業務を行うことができます。
その際に、休憩できるポイントやトイレが使用できる場所、ガソリンスタンドなども一緒に確認しておきましょう。

▼まとめ
配送ルートを覚えるためには、通りや交差点の名前を覚え、目印を見つけましょう。
有限会社奥島商事では、現在「トラックドライバーとして活躍したい」という方を募集しております。
未経験者の方にも安心して入社していただけるよう、免許の取得支援制度を導入し、丁寧な指導や育成にも努めています。
Recruit

募集要項

アイコン

028-678-2920
10:00 〜 20:00

アイコン エントリー