安全運転に必要な休憩の目安や過ごし方 | コラム | 栃木県塩谷郡 宝積寺駅【有限会社奥島商事】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年04月01日 コラム

安全運転に必要な休憩の目安や過ごし方

21
トラックドライバーは、安全運転をするためにどれくらいの休憩時間が必要なのでしょうか。
安全な運転をするには適度の休憩時間を作り、きちんと休むことが大切です。
この記事では、安全運転をするための休憩の目安と過ごし方を解説します。

▼安全運転に必要な休憩の目安や頻度
■一般道路
一般道路においては3時間を目安にして、30分の休憩を取ることが理想です。
また運転時間を分割して、休憩1回につき10分以上を取るようにしましょう。

■高速道路
高速道路では2時間運転したら、10~20分程の休憩を取ることが理想です。

▼休憩の過ごし方
■仮眠
休憩時に15~30分程度の仮眠を取ることで、眠気覚まし効果があります。
仮眠する時間が取れなくても、目をつぶってみるだけでも目や頭を休ませることが可能です。

■ストレッチ
運転中は同じ姿勢で過ごすので血流の動きが悪くなり、エコノミークラス症候群の危険性が高まります。
そのため休憩時は車から降りて、ストレッチや体操などをして体を動かしましょう。
血流の動きが良くなり、気持ちもリフレッシュされますよ。

■栄養・水分補給
適度な栄養補給と脱水症状を防ぐために、水分補給を行います。
特に昼食後の2時間前後は眠気を感じやすいので、食べ過ぎには注意しましょう。
コーヒーなどのカフェインを摂取することで、運転中の集中力を維持できます。

■空気の入れ替え
窓を開けて、車内の空気を入れ替えるようにしましょう。
酸素濃度が薄いと疲れや眠気を感じやすくなり、集中して運転ができなくなります。
そのため窓を開けて、外の空気を取り入れてみてくださいね。

▼まとめ
一般道路を運転する場合は3時間を目安に30分ほど、高速道路の場合は2時間を目安に10~20分ほどの休憩が必要です。
休憩時は仮眠やストレッチをするなどして、体と頭をリフレッシュしてから運転を始めましょう。
「有限会社奥島商事」ではドライバーの適度な休憩を取り入れており、安全運転を務めております。
経験や職歴を問わずトラックドライバーを募集しておりますので、ぜひご応募ください。
Recruit

募集要項

アイコン

028-678-2920
10:00 〜 20:00

アイコン エントリー