運行管理者の試験は難しいのか | コラム | 栃木県塩谷郡 宝積寺駅【有限会社奥島商事】

ロゴ
BLOG
ブログ
更新日:2022年04月22日 コラム

運行管理者の試験は難しいのか

24
「運行管理者」として働くためには、どのような資格が必要なのでしょうか。
また試験は、難しいのかどうか気になるところですよね。
この記事では、運行管理者の試験が難しいのかを解説します。

▼運行管理者
運行管理者とは、貨物・旅客運送の安全を管理するために選任された人のことです。
原則としては、運行管理者試験の国家資格に合格する必要があります。

▼運行管理者の資格
運行管理者になるための資格について、詳しく説明します。

■受験資格
・事業用自動車の運行管理を1年以上の実務経験がある
・国土交通大臣が認定した講習機関の基礎講習を受けている

上記の条件のどちらかを満たしている必要があります。

■合格率
運行管理者の平均合格率は40%以下であり、難易度は高いと言えます。
しかしポイントを押さえて、しっかり試験勉強をすれば取得が可能でしょう。

■合格基準
運行管理者は重大な事故が増えていることで、重要性が高まっています。
試験の合格基準は、総得点の60%以上です。
試験問題は計30問のマークシート方式で出題され、18問以上を正答する必要があります。

▼資格取得のメリット
■運送業界の需要が高い
運送会社では、営業所に必ず1名以上の資格を保有している運行管理者を配置する必要があります。
そのため有資格者であれば、運送業界での転職においては有利に働くでしょう。

■キャリアップ
ドライバーは、体力が必要な仕事です。
そのため体力の衰えで、運転に影響が出る可能性があります。
しかし運行管理者の資格を取得することで、キャリアップが可能です。

▼まとめ
運行管理者は、運送の安全を管理する重要な役割がある資格です。
そのため運送業で働く場合であれば、資格を取得していると有利に働くと言えるでしょう。
「有限会社奥島商事」では、運行管理者の指導のもと安全な運行に務めております。
ドライバーを募集しており未経験者歓迎ですので、ぜひご応募ください。
Recruit

募集要項

アイコン

028-678-2920
10:00 〜 20:00

アイコン エントリー